頂きもののじゃがいもを下ごしらえしました。

この時期になると毎年いただく、ダンボール箱いっぱいのじゃがいも。
早めに使ってしまわないと芽が出たり皮がぶよぶよになったりしてしまうので、今日は今後使いやすいように、下ごしらえをしておくことにしました。
じゃがいもから泥を落として綺麗にし、水を張ったボウルを用意してひたすらひたすら皮を剥いていきます。
ボコボコしているので指を切らないように気をつけて行い、剥いたものはすぐに水を張ったボウルの中に入れてアク抜きしておきます。
全て向き終わったら、半分は縦長に切ってフライドポテト用に。
その縦長に切った物の内、半分はその日の内に食べる用として、もう半分はタッパーに水を張ってその中に保存します。
水に沈めて保存すると数日ほど保つので、またフライドポテトが食べたくなった時にすぐ使えるんです。
残りは茹でてマッシュにしてしまい、冷凍して保存。こちらは2週間ほど保存が利くそうです。
保存する物はさくっとしまって、今日食べる分は揚げてしまい、晩御飯のお供にしました。
大体はお塩を振ると思うのですが、今日はシソの振りかけを掛けていただきました。
シソの風味がふわりと香る、普段とはちょっと違った味わいで、美味しかったです。

生活感のないおしゃれな部屋に憧れるけど…

生活感のないおしゃれな部屋に憧れるのですが、どう頑張ってもそんな部屋には一向に近づけません
まず、生活感のない部屋というのは、具体的にどんな部屋なのでしょうか。
改めて考えると、ちょっと曖昧だなと思ったりするのですが、基本的には物が少なくて、しっかりと物が収まっている状態だと思っています。
机の上に物が散乱していたり、ぎっちりと棚などに物が詰まっている状態は、やっぱりガチャガチャして見えますよね。
不要なものがなく、ものが整然としている状態にすれば、ほぼほぼ思い描いている部屋に近づきそうな気がします。
ということは、まずすべきことというのは、不要なものを捨てて、ものを少なくすることなのでしょう。
よく考えれば、ものが多ければどんなに頑張ったところで、収納の少ない部屋に収まるわけないのです。
生活感のない部屋を目指すというのは、もしかしたら生活習慣やライフスタイルを変える必要があるのかもしれません。
だからこそ、みんながやろうとしても難しいのかもしれないませんね。