恐がる子供の補助輪をどうにかして外してあげたい

最近とても気になっていることがあります。それは子供の自転車。この自転車は子供が幼稚園に入園した時に親から買ってもらった結構な高額商品なんですが…年に数回しか乗らず。今に至ってしまいました。もうすぐ幼稚園も卒業するというのに補助輪は当然のように付いています。また補助輪が付いてても最初の頃に転んだイメージが強すぎて…。お友達を見ると結構乗れる子が多くなってきたのが焦っている理由でもあるんです。上手な子はお母さんと並んで歩道走ってたりして。「今度の休みの日に頑張ろうよ」って言っても自転車に乗るって聞いただけで怖がってるし。
小学校に入れば自転車での移動も必然的に増えてきますよね。そんな悩んでいる私に今日、救いの神が現れたんです。それは近所の別の幼稚園に通っている子。その子もうちの子と同じような感じで自転車に乗れないらしいんです。補助輪外して大変な思いするなら一緒に頑張らない?と誘っていただけました(*^^*)子供も1人じゃやる息が起きないけど仲良しの子が一緒なら次の日曜日に…と納得してくれました〜。ホントに良かった。
日曜日は大変だろうけど、先に延ばすともっとキツイと思うので1日で自転車に乗れるように私も補助を頑張ろうと思います!

明日のための授業準備をしているところです

いつも、どうしてこんなに後手後手になっているのか分からないのですが、9月に授業が始まって以来、仕事が後に回ってしまっている状況が続いています。これは正直よくないな?ってことで、今日は職場に行って仕事をする予定です。テストをするって言ったのにそれもまだ終わってないし?って感じですね。
我ながらダメだなぁって思うこともありますが、できることをするだけかってことで、あまり自分を責めすぎずに午後から仕事に集中してきたいです。今の自分は色々やっていると思うし、そんなに悪くないかなって思うので、このままできることをし続けようって感じです。
とにかく、職場に行かないとやる気にならないことも多いので、その意味では職場に行って一つずつこなしてきたいなって思います。プリントの印刷とか意外と時間がかかったりするので、そういったことは少しずつやっていくしかないかなって感じです。とりあえず、ランチを買い込んだりしつつ、晴れているしお出かけしてこようって感じです。審査の早いクレジットカード