希望の党、日本をどのようにリセットしていくのでしょうか

今朝の小池百合子さん、すごくかっこよくて綺麗でした。
希望の党結党の記者会見の冒頭、他の党メンバーより後になって、しかもビデオを流してそのタイミングでご登場!という演出にびっくりして、なんかワクワクしてしまう自分がいました。
また、党の立ち上げに際し日本をリセットしたい、というような趣旨をおっしゃっていましたが、一体、どこがどう悪くてどうリセットしたいのか、分かるような分からないような、まだ謎の部分はあるのですが、とりあえずは「なんかこれまで”のおっさん達の集団”とは違う」という鮮烈なイメージをまた与えてくれたように思います。
堂々としていて、なんとなく素敵ですね。
結構冷ややかな目線を持つ方の意見も分かるのですが、政治にワクワク感があっても良いのではないのか?とは思います。
期待なんてされない政治集団が、そんなに必要なのでしょうか?
最近、衆院解散を受けて、議員やその関係者の方が駅近辺で街頭演説をしながら、声を張り上げてビラを配る姿をお見かけするようになりました。
「あ〜、選挙だよね〜。」と、淡々と認識していたので、今朝の”百合子さん、ビデオ登場”はちょっとインパクトありました。脱毛ラボ vio脱毛

午前中のひと息はコーヒー・身体のメカニズムを落着きます

一週間の内でピンポイントは土日休日のすごし方と週明け、休みだからといって呑気すると、週明けの午前中はすごしにくい。月曜日は一週間の時間をすごすのに重要、土日とか週末の金曜日に室内とか、身の周りが整理できているかどうかですね。休み明けだからといってせっせと動かず、週末の状態を思い出しながら徒歩通勤、オフィスに着いた時点でちょっと時間のゆとりがあればベストです。月曜日は休み明けなので精神性も仕事内容もリセット状態、就業前の時間には通常コーヒーを飲んでお仕事開始のシュチュエーション。徒歩通勤で歩いた筋力も肺活量もまずまず落着くよい時間、仕事で働くにも身体の基本メカニズムのこの状態が必須、肺活量がアップしていると気持ちもせかせかしますからね。休日のパソコンもこれと同じ、掃除とか整頓して動いたら落着いてから起動、コーヒーのお湯をわかしたりインスタントを用意している内に、じっくり向き合う姿勢でデスクトップです。3万円借りる方法